口コミで人気の仙台のスポーツジムをランキング形式でご紹介!初心者にもおすすめなスポーツジムをまとめました。

ジムのマシンにはどんな種類がある?効果的に鍛えるコツも伝授!

公開日:2021/10/15

ジムでトレーニングをする場合、ほとんどの人はマシンを使っているでしょう。マシンを使用できることは、ジムに行く最大のメリットともいえます。ジムにはたくさんのマシンが備えられているため、効率よく鍛えたい部位が鍛えられるようです。今回の記事では、ジムのトレーニングマシンのメリットやマシンの種類、効果的に鍛えるコツまで紹介します。

ジムでの運動にトレーニングマシンを利用する利点

安全性が高い

ダンベルやバーベルなどのフリーウェイトレーニングは、限界まで追い込み高負荷のものを扱うため、自力で支える集中力が必要になり、フォームまで意識することは難しいでしょう。トレーニングでは低血糖や貧血でめまいやふらつきが起こったり、突然力が抜けたりすることも考えられるため、怪我のリスクが付き物です。トレーニングマシンはそのようなことにも配慮され、安全性が期待できる作りになっています。

初心者でも効率よく鍛えられる

トレーニングマシンはフリートレーニングと違って軌道が固定され、決まったフォームで行うことができます。さらに、自分に合った負荷を選べて各所の調節が可能なので、効かせたい筋肉にアプローチできるでしょう。初心者から上級者まで、効率よく鍛えられるのです。

ジムのマシンはどのような種類がある?

スミスマシン

バーベルを利用する種目に使われるトレーニングマシンです。バーベルがマシンのレールによって上下動作の軌道が固定され、セーフティーストッパーが付いているため、安全かつ正しいフォームで行えます。筋トレBIG3の種目に対応しているため、初心者から上級者まで幅広いユーザーに好まれているようです。

チェストプレスマシン

マシンに座った状態でグリップを前に押し出し、ベンチプレスと同じ動作になるため、「大胸筋」をメインに「三角筋」「上腕三頭筋」を鍛えられるトレーニングマシンです。男らしい胸板や美しいバストを作るのに適しているので、男女共に人気があります。

ショルダープレスマシン

マシンに座った状態でグリップを持ち上げ、バーベルやダンベルを使ったショルダープレスと同じ動作になるため、「三角筋全体」を鍛えられるトレーニングマシンです。三頭筋は体の中でもトップクラスに大きく、上半身で一番大きい筋群なので、鍛えると代謝が上がります。

ケーブルマシン

ウェイトとつながったケーブルにバー・ロープ・グリップなどのアクセサリを取り付け、ケーブルを体に引き寄せる動作で行います。負荷・高さ・アクセサリを自由に調節でき、フォームを戻す時にも負荷がかかるため、さまざまなトレーニングに適しているようです。

ケーブルローイングマシン

ウェイトとつながったケーブルにバー・ロープ・グリップなどのアクセサリを取り付け、座った状態でケーブルを体に引き寄せ、ボートを漕ぐ(Row)動作で行うことからローイングの名前が付けられています。「背中全体」を中心に全身を使うため、筋トレだけでなくHITTトレーニングにも使用されるようです。

チェストプレス

マシンに座りグリップを前に押し出し、ベンチプレスで鍛えられる「大胸筋」「三角筋」「上腕三頭筋」を鍛えられるトレーニングマシンです。ダンベルは左右のバランスを崩しやすいため、初心者から上級者まで人気があります。

ショルダープレスマシン

マシンに座った状態でグリップを頭上に持ち上げ、ダンベルショルダープレスやバーベルショルダープレスと同じ動作で行うトレーニングマシンです。名前の通り肩回りの筋肉を使うため、「三角筋」をメインに「上腕三頭筋」を鍛えられます。

レッグプレスマシン

マシンに座ってプレートを足で押し上げ、座りながらスクワットをする動作を行うトレーニングマシンです。ヒップから太ももを構成する「下半身の筋肉」をメインに鍛えられ、片足を真ん中に置き、片足に高負荷をかけてトレーニングすることもできます。

レッグエクステンションマシン

マシンに座った状態で膝関節を使って足を延ばし、パットの付いたバーを持ち上げて太もも前方の「大腿四頭筋」を鍛えるトレーニングマシンです。ひとつの関節や筋肉にターゲットにした単関節種目で、初心者でも行いやすく、太ももを細くしたい人や下半身強化におすすめできます。

レッグカールマシン

マシンに座った状態で膝関節の屈曲を使って足を曲げ、パットの付いたバーを下げて太もも裏の「ハムストリング」を鍛えるトレーニングマシンです。走る・跳躍などの動作に使われる筋肉を強化できるため、アスリートから初心者まで幅広い人に人気があります。

マシントレーニングを効果的に行うためには?

トレーニングする順番を意識する

大きい筋肉は小さい筋肉が集まった筋群で、「大腿四頭筋」「大殿筋」など体積が大きい筋肉が該当します。そのため、大きい筋肉を鍛えることで効果の転移が起こり、小さい筋肉も同時に鍛えられるのです。

体の大きい筋肉は主に「足・背中・胸」、小さい筋肉は「腕・ふくらはぎ・二の腕」になります。大きい筋肉を鍛えると集中力や体力を消耗し、フォームが崩れて効果が半減したり怪我の原因になったりするので、トレーニングする順番は大きい筋肉からがおすすめです。

どこの部位に効果があるか意識する

トレーニングマシンを使うと、フリーで行うよりもフォームが整うため、筋肉を意識することが少なくなる傾向にあります。しかし、トレーニングマシンを使っていても、正しいフォームを意識することが重要です。どこの部位に効いているのか意識することで力の入れ方が変わり、効かせたい部位にアプローチできます。

重量とセット数を考える

トレーニングを重ねると筋肉が強化され、重く感じていた負荷も徐々に回数をこなせるようになります。回数をこなす場合は、持久筋やシェイプアップに効果があり、20回前後を3~5セットの設定するようです。筋肉肥大を目的に行う場合は、10回で限界がくる回数を3セットで、徐々に重量を上げて追い込むとよいでしょう。

 

フリーウエイトトレーニングでは正しいフォームやコツが必要となり、初心者にはハードルが高く感じられるかもしれません。しかし、トレーニングマシンを使うことで、正しいフォームで鍛えたい部位にアプローチできます。紹介したマシンを参考に、自分の目的や鍛えたい部位に合わせてトレーニングマシンを利用してみてくださいね。

【仙台】おすすめスポーツジム・フィットネスランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名JOYFIT24 仙台新寺セントラルフィットネスクラブ24 仙台ゴールドジム 仙台サンプラザスポーツクラブ ルネサンス 仙台宮町24エニタイムフィットネス 宮城の萩大通り
特徴リーズナブルで明解な料金設定で内容も充実!接客・指導力に自信ありの大手老舗スポーツジム!厚い初心者サポートでトレーニングの基礎をマスターできる!総合型ジムでいろいろなプログラムが楽しめる!24時間365日好きなだけ好きな施設が使える!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧