口コミで人気の仙台のスポーツジム・フィットネスをランキング形式でご紹介!初心者にもおすすめなスポーツジム・フィットネスをまとめました。

疲れているのに眠れない!原因と簡単にできる対処法を紹介

公開日:2021/03/15

勉強や仕事、運動を疲れているからぐっすり眠りたいのに、横になっても寝付けない、という経験はありませんか?疲れているのに眠れないのには理由があります。今回は疲れているのに眠れない原因や眠れないことによる影響、眠れない原因を見つけて質のいい睡眠を取るための方法をご紹介します。

疲れているのに眠れない原因

疲れているのに眠れないのは、身体的な理由と精神的な理由にわかれます。身体的な理由はどこか身体に痛みがある、せきが止まらず眠りにつけないなど、物理的に睡眠に入れない理由として挙げられます。精神的な理由はストレスや疲労感、不安症状など、何か気になることがある場合や、理由はないのにすぐに寝付けない、途中で起きてしまう、早くに目覚めてしまうなどが原因として挙げられます。

身体的な理由は具体的に対処が可能ですが、精神的な理由は原因が見つからず対処が難しいことも多いです。しかしその裏には自律神経の乱れや、うつ病などといった精神疾患が原因になっている可能性もあります。身体的な理由がないのにどうしても眠れない、寝ても疲れが取れないようであれば、専門機関の受診を検討しましょう。

また、日常生活の過ごし方が眠れない原因になっていることもあります。寝る前にお酒やたばこはカフェインの効果で中途覚醒しやすくなり、寝る直前までパソコンやスマートフォンを操作していると眠れなくなります。寝る時間と起きる時間が不規則で、昼夜逆転した生活も眠れない原因になります。睡眠は安心したら眠くなる、疲れたから眠くなる、夜だから眠くなるといった3つの仕組みがあります。この仕組みを崩すことで眠れなくなってしまうのです。

眠れない日々が続くとどうなる?

眠れない日々が続くと学校や会社、日常生活にさまざまな影響が出ます。勉強や仕事で疲れているはずなのに眠れず、次の日になっても疲れが取れない、集中力が持たない、記憶力、注意力、判断力の低下、また途中で居眠りをしてしまう可能性もあります。睡眠不足が原因で身体がだるかったり、眠れないストレスから食べすぎて太ってしまうことも考えられます。

また、睡眠不足だとメンタル面に大きな影響を及ぼします。やる気が出ない、落ち込みやすい、イライラしやすい、また常にイライラしているなど、普段の人間関係に悪影響を及ぼしてしまいます。慢性的な睡眠不足が続くとこれらの症状が続くことでストレスがたまり、最悪の場合は精神疾患を発症してしまう可能性があります。

睡眠は人間の三大欲求の1つと同時に、普段の生活でよいパフォーマンスを出すためには欠かせません。質のいい睡眠をとるためには規則正しい生活はもちろん、寝る前の過ごし方も大切になります。眠れない日々が続くことで規則正しい生活がとれず、睡眠の質も悪くなるという負のスパイラルに陥ってしまいます。日中も眠気が取れず、集中力が保てず、居眠りをしてしまう、作業効率が落ちるなどのデメリットも存在します。充実した毎日を送るために質のいい睡眠は欠かせないのです。

簡単に実践できる対処法

湯に浸かってリラックス

お風呂に入って体温を上げると、眠りに入りやすくなります。深い睡眠のためには体温を少し上げるのが効果的で、体温を上げすぎるのもよくありません。38℃くらいのぬるま湯に30分程入浴する、もしくは40℃程のお湯にお腹までつかる半身浴をするのが入眠には効果的です。入浴によって一時的に体温を上げることが、早い入眠につながります。

午前中、お昼の入浴はあまり効果がなく、夕方以降に入浴するほうが寝つきはよくなります。就寝直前に入浴したほうが効果的ですが、眠る30分前など直前すぎると逆に目が覚めてしまう可能性もあるので、眠る2時間前までに入浴をするのが深い質のよい睡眠にはおすすめです。

軽めにストレッチをする

入浴で身体が温まった後は軽いストレッチを行うとより質のいい睡眠を取ることができます。身体が温まった状態でストレッチをすることで筋肉を緩め、リラックスできるのでより疲労回復効果があります。また、血液の流れがよくなって肩こりの改善や柔軟性の向上、ダイエット効果もあるので、睡眠の質上げるだけでなくさまざまなよい効果が期待できます。

スマホやパソコンは見ないようにする

眠る直前についついスマホやパソコンをさわってしまう人は多いのではないでしょうか?布団やベッドに入って眠気を待っている間、ちょっとメールチェックやネットサーフィンをしてしまいがちですが、就寝前のスマホやパソコンは眠れなくなるだけでなく、睡眠の質を下げてしまいます。

ディスプレイが発する強い光には覚醒作用があり、身体が昼間と勘違いして寝付けなくなります。また、スマホやパソコンが発する光、ブルーライトは人体に強い影響があり、網膜に悪影響を与えるので目への負担が大きいです。睡眠を促す物質メラトニンの生成をも抑制するので、眠るつもりがより眠れなくなってしまいます。そのため、寝る前にスマホやパソコンを見ないようにしましょう。

 

疲れたから眠りたいと思ってもすぐ眠れないのは辛いですよね。しかし寝る前の過ごし方を工夫することで、入眠が早くなり、途中で起きることなく朝まですっきり眠ることができます。疲れをきっちりとって翌日も有意義な1日を過ごすために、眠る前の過ごし方を見直してみましょう

【仙台】おすすめスポーツジム・フィットネスランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名JOYFIT24 仙台新寺セントラルフィットネスクラブ24 仙台ゴールドジム 仙台サンプラザスポーツクラブ ルネサンス 仙台宮町24エニタイムフィットネス 宮城の萩大通り
特徴リーズナブルで明解な料金設定で内容も充実!接客・指導力に自信ありの大手老舗スポーツジム!厚い初心者サポートでトレーニングの基礎をマスターできる!総合型ジムでいろいろなプログラムが楽しめる!24時間365日好きなだけ好きな施設が使える!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索